2020年の仮想通貨の動向

現在、仮想通貨の価値は銘柄によりますが安定的で価値あるものとして現状を維持しています。ですが、仮想通貨自体が生活の中に普及しているかと言われると日本においても世界においてもまだまだであると言えます。その為仮想通貨のリップルでは、さらなる仮想通貨の普及をするため、2020年から新たにプロジェクトとしてクレジットカードの決済の様にリップルを使用することができるというシステム作りとシステムの運用コストを抑えたうえでシステムを利用できる仕組みを考えています。これは、ビットコインが一部のお店などで貨幣として利用できるということはありましたが、すべてのお店で貨幣として使用することができなかった問題を解決させ、すべてのお店でシステムを導入さえして貰えば貨幣として機能し、現金として使用することができるという大きなシステムを作り上げようとしている年が2020年であるということです。ただ、問題も多く在籍していて、現状においては、貨幣をデジタルにしたものを仮想通貨としているため、お金であることに変わりがないと定義した場合、セキュリティの問題が挙げられるという大きな課題があります。如何にブロックチェーンを活用していても、情報を盗もうと思えば盗める状況下であるに越したことは無く、相手の財布から直接現金を抜き取ることよりも簡単に仮想通貨を盗めるという特性もあるため、2020年は仮想通貨のセキュリティを向上させたうえで、リップルの創始者が言うには、どの仮想通貨が生き残れるかという生き残りをかけた年になるともされています。つまり、仮想通貨の利用法が見つかっているが、その利用法を活用できるようにするにはハードルが高く、ハードルを乗り越えた仮想通貨が最も価値のある仮想通貨となり、市場を独占することも夢ではなくなっていて、リップルはその市場を独占で消えるために努力をしているため2020年においては価値のある通貨である一つの仮想通貨となっているというお話です。今後新たに仮想通貨が生まれる可能性については高いでしょうが、生き残れるかどうかについては、セキュリティを向上させることと、仮想通貨に貨幣と同等の機能を持たせ、すべてのお店などで決済法として仮想通貨を選択することができる仮想通貨こそが生き残ることが可能な時代へと変化しているということです。もちろん仮想通貨に使用されているシステムを企業が導入しブロックチェーンの機能を利用し企業間のやり取りを高速に処理するという手法も取られるでしょうが、家庭への普及が最重要課題であるとされているのがこの2020年の仮想通貨の動向となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です