暗号資産とはなんなのか

バーチャル通貨(暗号通貨)とは、電子データのみで受け応えされる通貨であり、法定通貨のように国家による強制通用力(お金債務の弁済手段として用いられる法的効力)を持たず、大抵インターネット上での取引などに用いられる。デジタル通貨(digitalcurrency)とも。2009年に運用が開始されたビットコイン(bitcoin)の登場以降、アルトコイン(altcoin)と呼ばれる派生のバーチャル通貨も次々と生まれ、法定通貨とバーチャル通貨を取り替えするバーチャル通貨取引所と呼ばれるバーチャル通貨取り替え専門家が登場して、バーチャル通貨の保有が急速に広がった。バーチャル通貨の仕組みは、普通の法定通貨とは異なり、管理するための国家や中央銀行のような組織が影響しないケースが多々ある。大抵バーチャル通貨を扱う者同士によるピア・トゥー・ピア(P2P:PeertoPeer)と呼ばれる方式が採用されており、ユーザー同士で取引の情報が管理される。発行数に上限があるバーチャル通貨が多く、流通量に対する需要と供給によりプライスが変化する。

日本国内では金券や電子マネーなど銀行業以外の元金移し変え業について規定した「元金決済に関連する法律(元金決済法)」にバーチャル通貨の定義が設けられている。電子マネーが法定通貨をレベルとした電子的なデータであり特定の会社やサービスでの使用にとどまるのに対し、バーチャル通貨は財産的美点のある法定通貨と同じような役割を持つものと定義されている。日本国内におけるバーチャル通貨の税金は、2017年12月に公表された国税庁の「バーチャル通貨に関連する所得の計算技術等について(情報)」により、バーチャル通貨の取引による売買損益は雑所得に分類されるため、利益が20万円を超える時は確定申告の必須となる(主婦や学生など扶養されている方は33万円以上)。

売買がいくつかにわたる時、売買ごとにに所得を計算し、1年分の合計を所得額として申告する。この合計所得額の計算技術には、バーチャル通貨を買い物するたびに調達額と残高を平均し所得を計算する「移し変え平均法」と、1年間の調達平均レートをもとに計算した総買い物代金と売り渡し合計プライスの差額(所得)を計算する「総平均法」がある。バーチャル通貨は、暗号技術を応用して製作されたデジタルな通貨の一種であり、インターネット上で不特定数多にの人々や会社間で物品もしくはサービスの対価として使用する事が可能な。

元金決済法では、バーチャル通貨を法的に以下のように定義している。物品を買い物し、若しくは借り受け、又は役務の供給を受けるケースに、これらの代価の弁済のために不特定の者にそれに対し使用する事ができ、かつ、不特定の者を相手方として調達及び売り渡しを行う事が可能な財産的ありがたみ(電子機器それ以外の物に電子的メソッドにより記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建財産を除く。次号において同じ。であって、電子情報処理組織を用いて移転する事が可能なものとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です